大阪の医療脱毛のクリニックで使用されている麻酔の種類

大阪で医療脱毛する場合はクリニックがおすすめになります。

 

しかし医療脱毛と言えば「レーザー脱毛」になりますので、気になるのが「痛み」ではないでしょうか?

 

医療レーザー脱毛は、エステ脱毛よりも施術時の痛みが強いことから「麻酔」を使用することも可能となります。

 

そこで今回は、大阪のクリニックで使用されている麻酔の種類について解説していきたいと思います。

 

 

大阪のクリニックで使用されている麻酔の種類

医療レーザー脱毛は「永久脱毛」と言われていて、脱毛効果が高い分施術時の傷みがエステ脱毛よりも強くなります。

 

ただし、医療脱毛であっても人によって痛みの体制が異なりますので、全然痛くないと言う人も実際に居ます。

 

一方医療レーザー脱毛が痛いと言う人が居るのも事実で、部位によっては耐えられないと言う人も稀に居ます。

 

このような場合は「麻酔を使用しての施術になる」のですが、その際に試用される種類にもいろいろとありますので、これから医療脱毛をはじめると言う方で痛みに弱いと自覚している人は参考にしてみてください。

 

笑気麻酔

笑気麻酔とは「ガスタイプ」の麻酔で、30分で3,000円と割高な麻酔になります。

 

しかし、絶大な麻酔効果があるため全く痛みを感じなくなります。

 

使用した感じは、頭がフワッとするような感じでお酒に酔っているような状態になり痛みを鈍くしてくれます。

 

稀に頭痛や吐き気等の副作用を起こす人も居ます。

 

麻酔クリーム

麻酔クリームは名前の通りクリームタイプの麻酔で、麻酔効果は比較的低めになります。

 

笑気麻酔が体質的に合わない人に使用する麻酔で、1回あたりの費用は3,000円程度で、アレルギー反応などの副作用の可能性もあります。

 

シール麻酔

シール麻酔とは、シールタイプの麻酔になります。

 

1回あたりの料金は3,000円程度で、比較的効果が低い麻酔になりますので、体質によっては全く効果がない場合もあります。

 

また、麻酔効果が表れるのに時間がかかるため使用する際は早めに来院する必要があります。

 

以上が大阪の医療脱毛を行っているクリニックで使用されている麻酔になります。しかし、最近の医療レーザー脱毛は技術の進歩で比較的痛みの少ない脱毛機がが開発されていますので、麻酔を使用する人は以前に比べ大幅に減りました。つまり、医療レーザー脱毛と言ってもそれほど痛みの心配をする必要は無いと言うことになります。

 

 

男性のひげ脱毛に使用される静脈麻酔について

男性のひげ脱毛は女性の脱毛に比べて痛みが相当強くなる事から、笑気麻酔よりもさらに強力な静脈麻酔を使用する場合があります。

 

静脈麻酔とは、点滴タイプのますいで1回10,000円以上する強力な麻酔になります。

 

上記の麻酔と比較しても圧倒的な鎮痛作用があることから使用する際はいくつかの制約があります。

 

ちなみに、静脈麻酔を使用する事によって「日常生活に支障をきたす場合もある」ので、もし使用する様な事があればしっかりと説明を受けるようにしましょう。

 

まとめ

クリニックの医療レーザー脱毛で麻酔を使用するのは一昔前の話です。

 

今では比較的痛みの少ない医療脱毛を行っているクリニックがほとんどなので、そこまで痛みの心配をする必要は無いでしょう。

 

大阪で医療脱毛をしているクリニックでも、最新式の脱毛機を使用していますので麻酔を使用する機会はほとんど無いと言ってもいいでしょう。

 

ただし、VIO等の比較的痛みの感じやすい部位の脱毛に関しましては、稀にですが痛みを感じる人も居ますので、そのような場合は笑気麻酔や麻酔クリームを使用する場合もあります。

 

もし自分で痛みに弱いと自覚しているのであれば、各クリニックの無料カウンセリング時にどのような麻酔を使用しているのかを確認するようにしましょう。

 

大阪にある医療脱毛のクリニックではそれぞれ使用している麻酔の種類が異なりますので、無料カウンセリングで確認する事をおすすめします。